シュリーフェン・プランの失敗 戦力の集中こそ兵法の基本

シュリーフェン・プランの失敗 戦力の集中こそ兵法の基本

ビスマルクはフランスとロシアが手を組むことを何よりも恐れていた。

なにしろ両国はドイツを挟むように位置しているわけで、戦争になれば挟み撃ちになることは火を見るよりも明らかだからである。だが、ビスマルクを失脚させたドイツ皇帝ヴィルヘルム二世は、反ロシア路線を打ち出した。

ヴィルヘルム二世は独露再保障条約の更新を拒絶すると、ロシアはフランスに接近した。両国は三国同盟を仮想敵国とする露仏協商を結ぶ。

参謀総長シュリーフェン

こうした状況で参謀総長のシュリーフェンは、フランスとロシア両国と戦うための計画を立案した。

「東部戦線(ロシア)には最低限の兵力で、西部戦線(フランス)に兵力を集中させてフランスを短期間で降伏させる。しかる後にロシアと戦う。万が一ロシアが攻め込んできて領土を失ってもやむを得ない。後で取り返せばよい」

そして、東部戦線の兵力は12.5%、西部戦線の兵力は87.5%とした。

このシュリーフェン計画の名前は後に有名になるが、シュリーフェン自身は第一次世界大戦が始まる前に亡くなった。

シュリーフェンの次に参謀総長になったモルトケは、シュリーフェン計画を大幅に変更した。東部戦線の兵力を30%に引き上げ、西部戦線の兵力を70%にした。フランスに兵力を集中させるというシュリーフェンの計画は、実質的につぶされてしまった。

シュリーフェン計画の実行

対するフランスは、ドイツとの国境に兵力を集中させていた。ベルギーは中立国だから、ドイツが攻めてくるのは国境を接した地域だと判断していた。

だがドイツ軍はベルギーに侵攻した。不意打ちを受けたフランス軍は退却し、ドイツ軍は快進撃を続けた。開戦から一か月しか経過していなかったが、ドイツ軍はパリまで五十キロメートルに迫った。

フランス政府はパリから逃げ出し、ボルドーへ移った。

計画は順調だったが、ここでモルトケは主力である右翼側から兵力を引き抜き、左翼側に補充してしまった。

兵力を減らされたドイツ主力軍には隙が生じた。パリに迫る第一軍と、その東に布陣する第二軍の間に隙間ができてしまったのである。この隙間を狙ってフランス第五軍が攻撃を開始した。

慌てた第一軍の司令官クルック将軍はパリに背を向け、これを迎え撃とうとした。その様子を見て、パリを守っていたフランス第六軍が背を向けたドイツ軍に襲いかかった。

ドイツ第一軍は東西から挟撃され、窮地に陥った。ドイツ第二軍はフランス第五軍の猛攻を受けて救援を出せる状態ではなかった。

参謀総長モルトケは、ドイツ全軍にエーヌ川までの撤退を命じる。 シュリーフェン・プランは崩壊した。

ヨーロッパカテゴリの最新記事