日露戦争開戦 国家滅亡を避けるために奔走した政治家たち

日露戦争開戦 国家滅亡を避けるために奔走した政治家たち

義和団事件が鎮圧されると、北京議定書が締結された。各国は中国から撤兵することになったが、ロシア軍は満州に居座ったまま撤兵しなかった。

さらにロシアはシベリア鉄道の建設を着々と進めていた。

滅亡を避けるための奔走

この動きに危機感を持ったのが日本である。シベリア鉄道が完成すればロシア軍が続々と満州に送られてくることになる。そのロシア軍の行き先は満州の先にある朝鮮であり、その先の日本であることは明らかだった。

当時、ロシア陸軍は世界最強と言われていた。

日本は何度もロシアに抗議したが、ロシアが聞く耳を持つことはなかった。

日本では意見が割れた。山縣有朋や桂太郎は、ただ滅ぼされるのを待つよりも早い段階で戦うべきと主張。対して伊藤博文や井上馨は、勝てない相手に戦っても滅亡するだけなので話し合いを行うべきだと主張した。

伊藤博文は何としてもロシアと戦うことを避けるために努力していたが、山縣らはイギリスに接近し、伊藤が日本を離れている隙に日英同盟を締結した。

既に伊藤以外はロシアとの開戦やむなしと考えていたが、伊藤はあきらめなかった。イギリスと軍事同盟を結んだところで、日本がロシアに勝てないことには変わりがない。

そこで、ロシアに提案をしてみることにした。ロシアが満州を得ることを認める代わりに、日本が朝鮮を領有することを認めるよう求めてみたのだった。ロシアは、朝鮮を中立とすることでどうかと代替案を出してきた。

これで日本は戦争を決意した。

金子堅太郎、高橋是清の尽力

御前会議でロシアとの開戦が決まると、伊藤は直ちにアメリカ大統領ローズベルトとハーバード大学で学友だった金子堅太郎を呼び出し、アメリカへ仲介を依頼するよう頼んだ。

金子はアメリカに行く前に、陸軍参謀児玉源太郎と海軍大臣山本権兵衛に勝算を訪ねた。その返答は、次のようなものだった。

児玉は「勝算はない。死力を尽くして五分五分がやっとである」

山本は「日本海軍の半分は沈む。しかしロシア艦隊は全滅させてみせる」

一方で日本銀行副総裁の高橋是清は戦費を調達するため、同盟国イギリスに飛んだ。しかし日本がロシアに勝てるとは誰も思っていなかったため、出資する者はいなかった。

困っていた高橋に声をかけたのが、ユダヤ人の銀行家ジェイコブ・シフだった。シフはロシアの反ユダヤ人主義に怒っていた。憎きロシアを打倒するため、日本に協力を惜しまなかった。

シフは他のユダヤ人やリーマン・ブラザーズにも投資を呼びかけ、日本は戦費を調達することができたのだった。シフは回顧録に記している。

「ロシア帝国に対して立ち上がった日本は、神の杖である」

日本カテゴリの最新記事