ローマ五賢帝時代 ネルウァとトラヤヌス

ローマ五賢帝時代 ネルウァとトラヤヌス

ネルウァ、トラヤヌス、ハドリアヌス、アントニヌス・ピウス、マルクス・アウレリウスの五人は、ローマの五賢帝と呼ばれる。

ローマ帝国の領土が最大になり、最も安定した時代の皇帝とされている。しかし、彼らの時代は必ずしも繁栄を極めた時代とはいえない。

賢帝ネルウァ

ネルウァはバランス感覚に優れた政治家だった。ネロ帝に気に入られて出世し、その後の皇帝とも良好な関係を続けてきた。ネルウァの前の皇帝であるドミティアヌスとも、近しい関係にあった。

ドミティアヌスはローマの伝統や元老院を尊重せず、東方の出身者を人材登用したり、奴隷解放を進めたりしていた。これが元老院の反感を買い、ドミティアヌスは暗殺されてしまった。

次の皇帝には、老齢のネルウァが選ばれた。ネルウァには反乱を抑えるほどの力はなかったため、対立するドミティアヌス派と反ドミティアヌス派に対して、どちらともつかない態度を取っていた。

しかし近衛隊が反ドミティアヌス派の粛正を迫るようになった。そこでネルウァはこれに従いつつ、ゲルマニア総督の軍人トラヤヌスの力を借りることにした。

ネルウァはトラヤヌスを養子にすると発表した。これでローマの政治は安定した。それからしばらくして、ネルウァは亡くなった。

ネルウァが皇帝だった期間は、わずか一年と四か月間だった。彼の時代が栄光の時代だったとは、とても言えない。

至高の皇帝トラヤヌス

トラヤヌスはネルウァが亡くなってから一年後にローマに入城した。彼は先例に倣ってネルウァを神格化したが、ネルウァとは特に深い繋がりがあったわけではなかった。

トラヤヌスはドミティアヌスの失敗を繰り返さぬよう、元老院を尊重した。伝統を守りつつ、新しい人材も登用していった。

こうして内政を万全にしたトラヤヌスは、たびたびローマを脅かしてきたダキアの討伐に出発する。ダキアは現在のルーマニアあたりにあった国である。トラヤヌスは数回の遠征の末、ダキアをローマの属州にすることに成功した。さらにアルメニアを巡って東方の大国パルティアと戦い、首都クテシフォンを占領した。

こうしてトラヤヌスの時代にローマ帝国の領土は最大になった。しかし急激な拡張には無理があり、各地で反乱が起こり始めた。トラヤヌスはここで病に倒れたのだった。

トラヤヌスは優れた軍事の才能を持っていただけでなく、人格も優れていたという。トラヤヌスの評価は極めて高い。

だが、トラヤヌスは後継者をはっきりと定めていなかった。死の直前に従兄弟の息子でシリア総督のハドリアヌスを指名したとされるが、はっきりしたことはわかっていない。

ヨーロッパカテゴリの最新記事