バルバロッサ作戦 失われる目標モスクワ、陸軍のオットー計画

バルバロッサ作戦 失われる目標モスクワ、陸軍のオットー計画

ヒトラーがソ連侵攻の検討を始めると、ドイツ陸軍は具体的な計画を立て始めた。将校たちは、かつてナポレオンがロシアに遠征した事例などを研究した。

ふたつの作戦

まず第18軍参謀長エーリヒ・マルクス少将がソ連侵攻計画を提出した。軍を北方軍集団と南方軍集団に分け、北方軍集団はモスクワを目指し、南方軍集団はキエフを経てハリコフに到達する、というものだった。

最重要目標はモスクワの占領である。モスクワはソ連の政治・経済の中心というだけでなく、ソ連国民にとっては古くからの首都であり、これを占領できれば敵の志気をくじくことができる。

しかし参謀総長フランツ・ハルダー上級大将はこれとは別の「オットー案」をヒトラーに提出した。

軍を北方軍集団、中央軍集団、南方軍集団に分ける。北方軍集団はレニングラードを目指し、中央軍集団はモスクワを目指し、南方軍集団はハリコフ方面を目指すというものだ。

目的はモスクワの占領ではなく、ソ連の軍事力を殲滅することに主眼が置かれていた。モスクワを攻撃すると見せかけて敵を誘い出し、包囲殲滅するという作戦だった。

ヒトラーの戦略

オットー案を聞いたヒトラーは計画を大筋で承認しつつも、「レニングラードとウクライナの占領」を第一目標とするよう命じた。

レニングラードはバルト海に面し、ソ連艦隊の拠点になっていた。ここを占領することで、バルト海の支配権を確立できる。バルト海を支配できれば、スウェーデンやフィンランドからの鉱物資源を安全にドイツに運ぶことができた。

また、ウクライナも農業資源や鉱物資源が豊富だったので、そこを確保したいと考えていた。

モスクワの占領を目標にしたマルクス案、敵軍の殲滅を目標にしたオットー案、そしてレニングラードとウクライナ占領を目標にしたヒトラー。それぞれの考えが異なっていた。

こうして目標は曖昧になった。北方軍集団は敵を殲滅後にレニングラードに向かい、南方軍集団は敵を殲滅後にウクライナを占領することは決まったが、真ん中に位置する中央軍集団の目標がはっきりしない。

中央軍集団の司令官ボック元帥は、曖昧な命令に困惑した。中央軍集団は敵を殲滅した後、レニングラードに向かうべきなのか、モスクワに向かうべきなのか。南方軍集団が苦戦しているときには援護に向かうのか。

バルバロッサ作戦は目的がはっきりしないまま始まることになった。

ドイツ軍が保有する戦車の半分は、中央軍集団に配備された。特にハインツ・グデーリアン上級大将が指揮する第二装甲集団には最新の三号戦車が集中的に配備された。

開戦

何はともあれ、ドイツ軍がソ連領に侵入を開始したのは、1941年6月22日の早朝である。

奇襲攻撃を受けたソ連軍は通信網を分断され、前線近くの航空機は離陸する暇もなく破壊された。ポーランド国境近くにあるブレスト=リトフスク要塞は猛爆撃を受けて一週間で陥落した。

中央軍集団と対峙するソ連軍西部方面軍には新型戦車のT-34やKV-1が配備されていたのだが、操作を誤って戦う前に壊してしまったり、急降下爆撃を受けて撃破されていった。

西部方面軍はあっというまに壊滅し、戦車や車両を放棄して逃げ出した。司令官であるパウロフ上級大将はモスクワへ送られ、敗戦の責任を取らされて射殺された。

ヨーロッパカテゴリの最新記事