モスクワ攻防戦 スターリンの演説と軍事パレード

モスクワ攻防戦 スターリンの演説と軍事パレード

1941年10月10日、スターリンはレニングラード防衛に尽力していたジューコフをモスクワに呼び寄せ、西部方面軍司令官に任命した。ドイツ軍はモスクワの目前まで迫っていた。

スターリンの演説

ついにソ連政府をクイビシェフ(現サマーラ)に移すことが決定し、赤軍参謀本部はアルザマスに疎開することが発表された。モスクワはパニックになり、東へ脱出しようとする人が相次いだ。10月17日には戒厳令が発令された。

しかしスターリンはモスクワに留まり、死守することを決意した。

このような中でスターリンは、モスクワの動揺を沈めソ連軍の士気を高めるため、十月革命記念日に軍事パレードを挙行することを決めた。

こうして11月7日に革命24周年を祝う軍事パレードが行われた。スターリンはドイツ軍がレニングラードとモスクワに迫っていると述べ、祖国の自由と独立のために立ち上がるよう国民に訴えた。

このパレードはスターリンの指示により新聞で大々的に取り上げられ、国民を奮い立たせることになった。モスクワのパニックは収まり、労働者十万人が民兵として集まった。

ドイツ軍の大攻勢

一方のドイツ軍も悩んでいた。気温は零下20度から零下40度の中、攻勢に出られるのか。冬の装備が不十分な中ではモスクワに進出することはできない。

グデーリアン上級大将をはじめ、多くの参謀はモスクワ攻略を諦めていた。しかし中央軍集団の司令官ボック元帥はモスクワ攻撃を主張した。このまま守勢に転じるよりは、モスクワを攻撃してソ連に打撃を与えた方が良いという判断だった。

ドイツ軍は武器弾薬の不足や凍傷と戦いながら前進した。その悲惨な状況にボックもモスクワ占領は不可能であると悟ったが、攻撃中止の許可が下りることはなかった。

寒さに襲われたドイツ軍は、敵と戦うことなく消耗していった。パンは凍り付いて食べられず、戦車のエンジンも凍結した。兵士たちは戦争どころか、冬を乗り越えなければならなかった。

1941年12月5日、ドイツ軍の弱った様子を見て、ソ連軍の反攻が開始された。モスクワの北を守る北西方面軍、南方の南西方面軍、そしてモスクワを防衛していた西部方面軍が一斉に反撃に転じた。

ドイツ軍は大損害を被り、モスクワ攻略に失敗した。

だがドイツ軍はほとんど退却しなかった。ヒトラーが「死守命令」を出したからである。ヒトラーは、ナポレオンの二の舞になることを恐れていた。

もっとも、ソ連軍の反撃は一時的なもので、ドイツ軍全体が深刻な事態に陥ることはなかった。

ヨーロッパカテゴリの最新記事