効率を上げると給料の代わりに仕事が増える 会社の構造的欠陥

効率を上げると給料の代わりに仕事が増える 会社の構造的欠陥

日本の労働者は、世界で最も仕事にやりがいを感じていない。そして、転職する気はないが、今の会社を恨んでいる。そんな調査結果がある。

業務の効率化を進めるとどうなるか

会社では「業務の効率化」という言葉を聞かない日はない。

「業務の効率化」をすれば早く帰れるようになり、有給休暇も取得できるようになる。そうすれば家族と過ごす時間も増えるし、趣味に打ち込むこともできる。会社としても仕事量は変わっていないのだから残業代が減らせる。みんながハッピー。めでたしめでたし。という理論である。

しかし実際には、業務を効率化しても早く帰れるようにはならない。なぜなら、勤務時間というものが定められているからである。仕事が昼までに終わったら帰っていいかというと、そんなわけがない。

それでは、頑張って業務の効率化を進めて午前中に仕事が終わったら、午後はどうなるか。

馬鹿正直な労働者だったら、何もすることがないのでぼーっとしているか、上司に仕事が終わったことを報告するかもしれない。すると上司は、帰ってよいとは言わない。新しい仕事を与える。労働者は本来やらなくてよい仕事をすることになる。

このとき労働者は、本来やらなくていい仕事をするわけだから、給料が増えるかもしれないと考える。だが、給料は一円も増えることはない。

通常、「業務の効率化」には労力がかかる。自分で考え、創意工夫し、苦労して初めて業務を効率化できるのである。

労働者は理解する。頑張って自分の仕事を効率的に進めて終わらせることができたら、仕事が増えることになる。そして給料は増えない。

労働者にとって良いことは

労働者は学習する。仕事を早く終わらせても何の意味もないことを。そこで、ゆっくりと時間をかけて仕事をすることになる。仮に仕事が終わっても、まだ終わっていないかのように振る舞う。

暇そうにしていたら、仕事を増やされるからである。それだけではない。上司はこう思うのだ。

「なんだ、半日で終わる仕事だったのか。今まで楽をさせていたな。もっと仕事を与えよう」

こうして仕事は恒常的に増えていく。それでも有能な労働者なら、他人の数倍の仕事量でも何とか終わらせることができるかもしれない。だが、給料は変わらない。

そしてついに仕事が終わらなくなり、上司に相談するとこう言われる。

「もっと効率的に仕事をしてもらわないとね」

我が国では「同じ会社で長く働いた方が偉い」と考えられていて、さらに労働者は「若い方がいい」と考えられている。だから、転職すると基本的には労働条件は悪化する。

こうして労働者は転職することもできず、会社を恨みながら、やりがいのない仕事をだらだらと続けることになるのである。

労働カテゴリの最新記事