ジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用 欧米と日本の根本的に異なる会社の仕組み

ジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用 欧米と日本の根本的に異なる会社の仕組み

欧米の雇用はジョブ型雇用、 日本型の雇用はメンバーシップ型雇用と呼ばれる。

ジョブ型雇用は「仕事」に重きを置いた雇用方法で、仕事に人が必要になったら雇用し、必要なくなったら解雇するというやり方である。

労働者がやるべき仕事は明確であり、何のために雇用されたのか、何の仕事をすればよいかがはっきりしている。

メンバーシップ型雇用は「人」に重きを置く方法である。まず人を採用し、それから仕事を与える。その人に与える仕事がなくなったら、別の仕事をやらせる。

こちらは仕事内容は明確ではない。求人票には「本人の適性を鑑みて業務を決定」とか書かれていたりするが、要するに何の仕事をやるかは決まっていない。

ジョブ型雇用の良い点、悪い点

ジョブ型雇用は「労働契約」により何の仕事をどういう条件でやればよいか、最初から決まっているのでわかりやすい。

やるべき仕事量が決まっているので、自分の仕事が終わったらそれで仕事は終わり。実に単純明快である。その代わり問題点として、どれだけ経験を積もうが、基本的には仕事内容も給料も変わらないということだ。

仕事内容が決まっているから、昇進するということもない。もっと給料がほしいとか、高度な仕事がしたいという場合には転職するしかない。

また、仕事がなくなったら解雇される。会社と労働者の関係はとてもドライだ。ただし欧米では給料を上げるための転職は当たり前だし、労働者は解雇されてもあんまり気にせずに次の職を探す。それが普通だからである。

とはいえ、では仕事の同僚同士は仲が悪いのかというと、別にそんなことはない。ただし、同僚が突然いなくなることは日常茶飯事だ。とはいえ、それはお互い様。特別に仲が良いのであれば退職したって連絡を取り合えばよいのだ。

メンバーシップ型雇用の良い点、悪い点

日本で主流のメンバーシップ型雇用は、まず会社に就職する。そして仕事が割り当てられる。それは営業職かもしれないし、経理職かもしれない。もしかしたら工員になる可能性もある。

問題点として、自分の好きな仕事をすることができない。入社してみないと何の仕事をやるかわからないし、いつ人事異動で別の分野の仕事を与えられるかわからない。また、業務内容もはっきりしないことが多い。

その代わり、言われたとおりに働いてさえいれば給料が自然と上がって、それなりの職位を与えられ、生活していくことができた。

このようなメンバーシップ型雇用では、組織のメンバーとしてうまくやっていくことが大切になる。仕事ができるできないは関係ない。

会社でずっと生きていかなければならないので、まわりの人間に気を遣わなければならない。嫌われたりすればいやな仕事をしなければならなくなったり、僻地へ通勤させられたりすることになる。

会社を辞めると言うことは、組織を裏切ると言うことである。裏切り者を仲間に迎え入れようという会社は少ない。だから中途採用者は採用しなかったり、採用しても使い捨てのように扱う。なぜなら彼らは裏切り者だからだ。

仲間はずれにされれば人間は生きていけない。だから会社への忠誠心を示す。理不尽な命令に従ったり、サービス残業をしたりする。もちろん労働者は疑心暗鬼になり、表面上は絶対服従という態度を見せる。

そしてその分、見えないところでサボったり、高齢になって働かなくなったりする。

労働カテゴリの最新記事