三国志の始まり 桃園の誓いは創作で、三人は義兄弟でもなかった

三国志の始まり 桃園の誓いは創作で、三人は義兄弟でもなかった

「我ら三人、生まれた時は違えども、兄弟の契りを結び、同年同月同日に死ぬことを願う」

三国志は劉備(りゅうび)、関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)が桃園で誓いを立てることから始まる。彼らは乱れた世を治めるために立ち上がり、黄巾賊を倒すために義勇兵として討伐に加わる。

三人が義兄弟になるこのシーンを「桃園の誓い」という。

主人公三人のキャラクター

三国志は多くの人物が登場するが、前半の主人公は劉備であり、関羽、張飛を合わせた三人が中心となって物語が進む。

劉備は温厚で優しく、関羽は義理堅い男、張飛は粗暴だが憎めない男、という設定になっている。劉備・関羽・張飛は「桃園の誓い」で義兄弟になり、年齢順に劉備が長兄、関羽が次兄、張飛が末弟になった。

三人は義勇兵として黄巾賊討伐に加わり、めざましい活躍を見せる。特に関羽と張飛はめっぽう強く、一騎討ちでは名だたる武将を次々と倒していくのだった。

後に劉備は蜀の地で皇帝になり、蜀漢帝国を樹立。中原を支配する曹操や江南に拠点を持つ孫権と争いを繰り広げる。

正史にはない物語

ただし歴史書である「正史」三国志には、桃園の誓いの物語は出てこない。それどころか、三人が義兄弟だったという記述もない。

三人が義兄弟だという設定は、歴史書の三国志をもとに作られた小説「三国志演義」で採用されたもの。つまり作り話ということになる。ただし、三人がとても親密であったということは正史にも記述がある。

古代中国では儒教の思想が強く、親や兄弟はとても大切にしなければならないものだった。三国志演義では義兄弟にすることで、この関係をより明確にして物語性を高めている。

そして同年同月同日に死ぬことはかなわなかった。

三人の英雄の死、そして物語は天才軍師に引き継がれる

三人のうち、最初に死んだのは関羽である。荊州を得た劉備たちは、隣の益州へ攻め込むことにした。しかし背後には孫権や曹操がいたため、関羽が残って荊州を守ることになった。

関羽は荊州から曹操を攻めようとするが、孫権の裏切りにあって孤立し、命を落とす。関羽の死を知った張飛は、復讐に燃えた。

張飛は粗暴な性格で、部下を大事にしなかった。部下をしごきすぎたせいで寝込みを襲われて死んでしまった。劉備は弟たちの敵を討つために半ば強引に孫権を攻めるが、待ち伏せに遭って大敗を喫し、失意のうちに没するのだった。

死ぬ前に劉備は諸葛亮を呼び、後を託した。諸葛亮は劉備の意志を継いで漢王朝の復興のため、魏を討ち果たすために立ち上がる。物語は後半へと続くのだった。

中国カテゴリの最新記事