第一次世界大戦

シュリーフェン・プランの失敗 戦力の集中こそ兵法の基本

ビスマルクはフランスとロシアが手を組むことを何よりも恐れていた。 なにしろ両国はドイツを挟むように位置しているわけで、戦争になれば挟み撃ちになることは火を見るよりも明らかだからである。だが、ビスマルクを失脚させたドイツ皇帝ヴィルヘルム二世は […]